みなさまと全林協をつなげる、コミュニケーションブログ★ 全林協編集部・解体新書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーボリカルチャー研修会(体験レポート)

みなさん、こんにちは。

「アーボリカルチャー」という言葉を聞いたことがありますか?
欧米では一般的な「業」で、管理や保全など、
樹木を対象とした活動の総称とのことです。
日本では、造園業や樹木医などの分野が近いようですが、
その技術や文化には、林業との接点も多いようです。

参考(wikipediaへリンク):http://en.wikipedia.org/wiki/Arboriculture

アーボリカルチャーの技術の特徴は「安全」。
その技術で社寺や屋敷林などの高所伐採(特殊伐採)を行っているのが
長野県にある上伊那森林組合 ArborWorks(特殊伐採事業部)です。
安全が徹底している技術や、
アーボリカルチャーの考え方を全国に普及させたい、
という考えから、12月1~6日にかけて研修会が開催されました。
記者も体験取材しましたので、ほんの一部をお伝えします。

DSC_0040.jpg
研修会は2部制。
最初の3日間は、ロープを使ったクライミング技術を学びます。
講師の小松さん、吉見さんの手ほどきで、
みなさんもすぐに登れるようになりました。


DSC_4497.jpg
クライミングシステムの一つ「スプリットテール」。
カラビナはハーネスに繋がっていて、これに全体重を預けます。
ロープや器具類は全て海外製で、
破断強度や耐荷重が数値で明確になっています。
一例では、この写真のクライミングライン(ロープ)は、
Samson社の「Velocity」という商品。
太さは7/16インチ(11mm)で、破断強度は6000ポンド(約2.7t)です。
詳しくは、メーカーのサイトで。
http://www.samsonrope.com

研修の後半3日間は「リギング」を学ぶもの。
直訳すれば船の艤装となりますが、ロープを張り渡して、
樹上から伐り降ろす技術のことです。
最終日は講師2人による実演でした。


DSC_0214.jpg
神社の境内に生える、推定樹齢300年、高さ30mを超えるケヤキです。
この枯れ枝を切除する作業のデモンストレーション。
枝の真下に社殿があるので、間違いは許されません。

DSC_0229.jpg
記者も登らせていただきました。
あまりの高さに足がすくみます。
眼下の社殿を越えて、奥の広場へ枯れ枝を降ろすことになります。

DSC_0257.jpg
さらに上では、講師の吉見さんが作業の真っ最中でした。
2つの支点で体を確保して、
宙づり状態で作業ポイントへ移動しています。
曲芸的にも見えますが、「ダブルクロッチ」という
ベーシックな技術に基づいていて安全なのだそうです。

DSC_0340.jpg
ロープを使って降ろされた枯れ枝です(赤い矢印が切断ポイント)。
枝といっても、かなりの太さ、重さです。
対象物の重さから各所にかかる荷重を計算して、
使用するロープや器具を選択し、システムを設計します。
これらの技術は体系化されていて、全てが安全に基づいています。

今回の研修は「レベル1」の設定とのこと。
今後、より実務的な内容の研修会も予定していて、
海外から第一人者を招いて、研修を行う準備も進めているそうです。

この模様は、月刊「現代林業」2月号の巻頭フォトレポートで
詳しくお伝えしています。ぜひご覧下さいませ。

DSC_0279.jpg
講師の一人、小松さん。
月刊「林業新知識」2月号から、
小松さんの連載「山でも街でも アーバーワークスの仕事」が始まります。
こちらもお楽しみに!

(仮家)

いにしえの・・現代林業バックナンバー紹介!

こんにちは、メインレポーターGです。

さて先日は林業新知識が発刊されたときの
当初のバックナンバーをご紹介いたしましたが・・

お待たせいたしました・・・・

本日は、姉妹誌、現代林業の発刊当時を、ご紹介したいと思います
全林協事務所の奧のほうに参ります・・・
DSC01311.jpg
ありました
昭和39年のものが最初です
早速開いてみましょうか・・
DSC02122.jpg
今とはだいぶちがう表紙ですね。これが第1号です
めくっていきましょう。写真のページになるのは、今と一緒ですね

DSC02125.jpg

これは第2号の巻頭写真ページですが、コーナー名は「カメラルポ」。
現在は、「フォトレポート」になっていますね。
皆さん、宿泊研修なのか、とっても楽しそうに生き生きされていますねっ

DSC02126.jpg
研修中の、入浴シーンも・・・・ん~大胆な取材です

記事についても、見ていきましょう。
DSC02123.jpg
USAシリーズなんですね
新知識でもそうでしたが、やはり戦後のイメージがまだこの時期でも強いのでしょうか・・・。
小見出し「オ・ワンダフル日本」です。

そして、1号では
DSC02127.jpg
カンドコロを解説すれば・・のコーナーができ、
2号では、
DSC02128.jpg
カンドコロという、現在の「カンどころ」コーナーが、早くもできあがっているのですね
ず~っと続いてきているコーナーなのですね


そして、この現代林業は、地域のリーダー「林研グループ」の方々に
色々な情報をご紹介するテキストということで、創刊されているので・・・

地域や、組織をまとめていくためには、グループとは、リーダーとは、
といったような、林業の知識とは別の読み物コーナー

DSC02129.jpg
色々な旬の話題を盛り込んでいることについては、
今も昔も、変わらないんですね

・・・・
そして、最後に創刊号の編集後記から・・・・

いやー、まったく子どもが生まれた時以上のさわぎでしたよ、
近代林業、林業教室、林業青年、林業と学習、林業現代など意見百出。
難産の末、現代林業と決まりました。
創刊号ともなれば、思わぬ事で頭を痛めるものです。
その一つが表紙。
やぼったいのはやめて、スカッとしたものにしようと思ったのですが、
何せ予算が少ないのでね。
まあ二色にしては上出来と思うけれど・・・


なんだかエネルギッシュな当時の担当者を彷彿とさせますね。

時代としては、拡大造林、そしてこれから林業への期待の高まる
そういった時代であったのですね
DSC02130.jpg

DSC02131.jpg

こちらは、当時の全国の林研グループが東京の高尾に集まって
研修をしたときの写真を、全林協で保管してたものです。
とっても皆さん、笑顔がまぶしいっ

現代林業創刊当時の様子を、少しだけご紹介いたしました
昭和の時代を感じたひとときでした・・・

美酒への道~草取り編

こんにちは。編集部の高橋です。
秋風が吹き始め、夜は虫の音が耳に心地良い時期になりましたね。

今日は私の趣味のことをご紹介させていただきたいと思います。

自己紹介で、「好きなお酒は日本酒」と書かせていただきましたが、好きが高じて、福島県会津地方・喜多方にある造酒屋さんにお世話になって自分のお酒を造らせていただいています。
お酒は春に仕込みますが、原料となる酒米(酒造好適米)作りから体験させていただいています。

この造酒屋さんでは、地産地消と安全で安心できるお酒造りを理念に、酒米を自社田で栽培しています。
米作りのプロたちが手塩にかけて有機栽培しています。
そのお手伝いをささやかながら私もさせていただいています。

5月末、田植えをし、先日、草取りをしてきました。田植え

草取り

酒米の品種には「山田錦」や「五百万石」などいろいろありますが、私たちが体験で育てているのは「雄町」という品種です。
雄町は、普通のイネに比べて、丈が高く風で倒れやすかったり、比較的病害虫に弱いため、栽培がとても難しいそうですが、味や香りがたいへん良い酒米だと言われています。

雄町

草取りを終え、お米が順調に育っていることを確認し、ひとまず安心。
来春も美味しいお酒が出来そうです
秋が深まりを見せる頃、稲刈りにまたお邪魔する予定です。

さて、実は、お世話になっている造酒屋さんは、弊会から発行しております『ろーかるでざいんのおと(田舎意匠帳)』(鈴木輝隆著)に登場してくる「大和川酒造」という造酒屋さんです。
本では、「蔵の町喜多方と佐藤彌右衛門さん」というタイトルでご紹介しています。

150●obiLOCAL
ろーかるでざいんのおと(リンクします)

蔵
喜多方は蔵のまち

この本は、全国の魅力的な地域づくりを紹介した本です。
著者の鈴木輝隆さんが、全国各地のローカル(田舎)を訪ね歩き、個性的なまちづくりに情熱を傾ける人から、魅力的で活力あるまちの物語を聞き集めた全国のローカルデザイン(地域づくり)現場の記録読み物です。
ぜひご覧いただければと思います。

編集部 高橋

仕事変われば道具も変わる~7つ道具拝見?

こんばんは、メインレポーターGです。

今日は、林業新知識でご紹介しているような、
「七つ道具」について、全林協編集部で・・・発掘してみました。

まずは年長組から・・・

DSC00774.jpg

すみません、衝撃画像だったでしょうか
アメーバ?
しかしさらに・・・

DSC00775.jpg

か~な~り、年季入っていますね・・・・
熟成されています

しかし、このセイブツ、実はこんな風に使うんですって

DSC00773.jpg

写真の手は、持ち主であるS石さん。
さすがにフィットしていますね~

「編集の仕事は、長時間椅子に座っていることが多く、
少しでも作業負担の軽減に」とのこと。

さらに、色々な道具への色々な工夫が見られます。
こちらは
DSC00769.jpg

「動きがスムーズなマウスパッドを選んでいる・・」
「左手でマウスを動かし、右手でキーボード操作すれば作業が効率化できる」

そしてこちら
DSC00768.jpg

「スタンドの光が直接当たると、強すぎるので昔の原稿用紙を貼り付けて遮光。」

・・・お仕事変われば、道具も変わる
随所に工夫をしているんですね・・・

ちなみに、机の上の様子は散らかっているけれど、
「データについては、整然と整理されているので、念のため」とS石さん。

全林協で発行している単行本、雑誌を支えている影のサポーターたち、
キラリ七つ道具の紹介でした?・・・

(使用感はあくまでも個人の感想であり、商品の性能を示すものではありません。念のため。笑。 )

月刊誌の編集スケジュール!

こんばんは、メインレポーターGです。

皆様のお手元にお届けしている、月刊誌。
現代林業と林業新知識
200807081144000.jpg

今日はこの雑誌が出来上がるまでの、スケジュールについて
ちょっとご紹介してみたいと思います

今月発行の、林業新知識、8月号を例に取りますと・・・・
発行からさかのぼって、紹介いたします

■8月号は、7月1日に発行。

■6月最終日には全林協に搬入。

■6月18(~20のうちの1日)日に最終チェック(校正)をして、雑誌の印刷へ
(最終チェックは、印刷所に缶詰で1日かけて行ってます

■6月10~15日にはゲラ(レイアウト済み原稿)チェック

■6月5日くらいまでには、作成済み原稿を印刷所へ送信

■5月終わりくらいには取材完了→編集部で原稿執筆

■5月始めに、8月号の内容について打ち合わせ
 取材のアポ取りなどなど・・・


・・・って、こんなに前からなんですね

原稿をご執筆いただいく方には、
なるべく新しい情報を盛り込んでいただくように
お願いしておりますが・・・・
それは、書いていただいてから、
ほぼ1ヶ月後の発行になるからなんですね

現在のところ、現代林業は担当:岩渕
林業新知識は担当:仮家です

今度は皆様のところにも、伺うかもしれません

こちらのブログでも、情報をお待ちしておりますので、
どしどしお寄せ下さいね

後ろ姿で失礼しますが・・
DSC00781.jpg

お待ちしています(奥:岩渕、手前:仮家)
プロフィール

編集部@全林協

Author:編集部@全林協
ご訪問、ありがとうございます★
編集部@全林協がホットなニュースをお届けする、このブログ。
どうぞごゆるりとご覧くださいませ。

ブログ投稿は、編集部全員で行っております。

コメント、出版している本についての感想や、リクエスト大歓迎です。
皆様からの書き込み、お待ちしています(^^

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。