みなさまと全林協をつなげる、コミュニケーションブログ★ 全林協編集部・解体新書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「森の映像祭2015」 作品募集のご案内 《募集締切2015年4月30日》

森林環境教育映像祭実行委員会(委員長:宮林茂幸/東京農業大学教授)が主催する
「第3回 森の映像祭」への参加作品の募集が始まりましたのでお知らせいたします。
この機会に、これまで録りためた山仕事や林業活動などの映像を出品してみてはいかがでしょうか。

概要は次の通りです。
さらに詳しいことは、こちら(http://morinoeizo.com)をご覧下さい。

------------------------------------------

第3回「森の映像祭」の作品募集近づく

 森の映像祭(森林環境教育映像祭)実行委員会は、森林への一般国民の理解の増進、森林林業活動における安全確保、森林映像文化の向上等に寄与しようと、これまで第1回(平成22年)、第2回(同24年)の「映像祭」を開催して来ました。

 この度、森林を取り巻くその後の情勢変化を踏まえて、林野庁、国土緑化推進機構はじめ、諸団体の後援を得て、新たに山村振興課題も含め「第3回映像祭」を開催する事とし、参加作品を募集しています。

この募集時期が近づき、来3月2日からスタートする事から、同会では、森林・林業・林産業関係者・団体はもとより、野外活動・森林ボランティア活動等関係者多数の参加を期待し、広報しています。

その概要は、次の通りです。( 詳しくはhttp://morinoeizo.com/ )
1. 名称:森の映像祭(第3回森林環境教育・山村振興映像祭)
2. 募集作品:森林環境教育、林業・林産業の理解、野外活動、森林ボランティア活動等並びに山村振興に関わる映像作品(DVD-Videoに限る)
3. 募集期間:平成27年3月2日(月)~平成27年4月30日(木)
4. 映像発表会と表彰式等:平成27年5月27日(水)10:00~17:00
5. 発表会等場所:江東区新木場 1-7-22 『木材・合板博物館』 シアタ―ルーム
6. 主催:森林環境教育映像祭実行委員会  (委員長・・・宮林茂幸)
7. 照会先:森の映像祭事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2―25-14 第1ライトビル405号
(NPO) 森づくりフォーラム内 (担当:中沢和彦、蒲沼 満)
     E-mail:morinoeizo@gmail.com  FAX:03-3868-9536    

----------------------------------------

私たちは、日本林業の義を求め続けます。
「努力が報われる林業」こそを目指します。
平成27年


謹んで年始のご挨拶を申し上げます。
皆様のご多幸をお祈りいたします。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nengajo2015 fujisan HP
"500" />

《平成26年度 間伐・間伐材利用コンクール 》のお知らせ

みなさま、こんにちは。
今日は、「間伐・間伐材利用コンクール(平成26年度)」のお知らせです。

 我が国では、平成32年度までの8年間において、年平均52万haの間伐を実施することを目標として、間伐等の森林整備を進めています。
 52万haというと大変広大な面積です。そこで間伐される木材も相当な量になります。これらの木材を無駄なく利用することが大事であり、そのためには、間伐材を利用した製品を開発し暮らしへ取り入れるなど、間伐の使い道を開拓する必要があります。また、環境教育として、間伐のことを知ってもらう普及啓発活動も必要です。

そんな、間伐の活動や間伐材製品の活用を対象としたコンクール「間伐・間伐材利用コンクール」が実施されています。
応募締め切り間近ですが、自分たちの活動を広くアピールするチャンスですので、応募を検討してみてはいかがでしょうか?

以下、コンクールの実施内容です。

--------------------
間伐の活動や間伐材製品の活用に関する
「間伐・間伐材利用コンクール」の実施
--------------------

学校やNPO法人等による間伐の取組や、間伐材利用製品を対象としたコンクールが行われます。

間伐などの森林整備活動や環境教育をがんばっている学校やNPOの皆さん、間伐材製品を積極的に利活用されている企業や団体の皆さん、自分たちの活動を広くアピールするチャンスです!

各部門の最優秀の取組には、林野庁長官賞が授与されます。ふるってご応募下さい。

【タイトル】平成26年度 間伐・間伐材利用コンクール
【応募締切】平成26年9月11日(木)
【応募内容】
(1)「製品づくり・利用部門」=間伐材を利用したアイデア製品や建築物、それら製品等の利活用の取組(製品開発、暮らしへの取り入れなど)
(2)「間伐実践・環境教育部門」=学校、NPO、民間団体、森林組合等が行っている間伐の取組(実践、環境教育、普及啓発など)
【応募方法】別添の所定の様式に必要事項を記入のうえ、写真をそえて「メール」か「郵送」にてご応募ください。様式は下記HPからダウンロードできます。
URL http://www.gtf.tv/about_3.html
【応募先】GTF グレーター トウキョウ フェスティバル実行委員会
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-12-6 ミツリ麹町ビル3階
TEL:03-3222-6262/FAX:03-3222-6263/E-mail:kanbatsuあheros-edu.co.jp   (「あ」の部分を「@」にしてください)

関連資料と応募書類
1)H26コンクール実施要領.pdf
2)H26(一般用)応募イメージ.pdf
3)H26製品づくり・利用部門応募様式 .doc
4)H26間伐実践・環境教育部門応募様式 .doc

「森林フォーラムin佐久」開催のお知らせ

こんにちは。

自治体レベルでのバイオマスエネルギー利用に関する話題は、最近よく聞こえてきますし、
みなさんも興味があるのではないでしょうか。

そんな方にお知らせしたいのが、長野県佐久市で開かれる「森林フォーラムin佐久」。

・再生可能エネルギーに対する地方の取り組み
・ドイツの自治体エネルギー公社の取り組み
・カラマツの燃料化から始まる新しい林業と地域づくり

以上のようなテーマなどについて、専門家が講演します。


日時 平成26年7月18日(金) 13:00-17:30
場所 長野県佐久勤労者福祉センター「ホール」
    佐久市佐久平駅南4-1

詳しい内容や、参加の申し込みについては、以下のチラシをご覧下さい

チラシ_ページ_1
チラシ_ページ_2

(只野)

第67回全国植樹祭(平成28年、長野県で開催)の大会テーマを募集します!

こんにちは。
みなさんは、全国植樹祭をご存じでしょうか?

全国植樹祭とは、
豊かな国土の基盤である森林・緑に対する国民的理解を深めるために開催される国土緑化運動の中心的行事です。天皇・皇后両陛下にご臨席を賜り、県内外から多くのかたが参加され、式典行事や記念植樹が行われます。

毎年開催されており、第67回全国植樹祭は、平成28年春季に長野県で行われることに決まりました。

長野県では、その大会テーマを全国から広く募集しています。
大会の開催方針を簡潔に表現し、全国のみなさんに一言でお伝えできる、大会にふさわしいテーマを募集します。

応募期間:平成26年2月21日(金)~平成26年5月8日(木)

第67回全国植樹祭大会開催方針(要旨)は以下のPDFや
↓のページにアクセスしてご確認ください。
http://www.pref.nagano.lg.jp/shinrin/sangyo/ringyo/shokujusai/dai67kai.html

ちなみに、次回の第65回(平成26年度)は新潟県で開催されます。
大会テーマは「未来へつなぐ森の力~復興から創造へ~」です。
http://www.pref.niigata.lg.jp/chisan/1308517266071.html

nagano syokuju1
nagano syokuju2

この企画に参加されてみてはいかがでしょうか?
(只野)
プロフィール

編集部@全林協

Author:編集部@全林協
ご訪問、ありがとうございます★
編集部@全林協がホットなニュースをお届けする、このブログ。
どうぞごゆるりとご覧くださいませ。

ブログ投稿は、編集部全員で行っております。

コメント、出版している本についての感想や、リクエスト大歓迎です。
皆様からの書き込み、お待ちしています(^^

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。