みなさまと全林協をつなげる、コミュニケーションブログ★ 全林協編集部・解体新書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著者・湯浅 勲さん NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演予定

15_AAA_0593.jpg
こちら向きで話しかけているのが湯浅さん
(『山も人もいきいき 日吉町森林組合の痛快経営術』 p.135写真)


本会既刊の
『山も人もいきいき 日吉町森林組合の痛快経営術』
『林業経営力アップ!痛快人材育成術』
の著者・湯浅 勲さん(日吉町森林組合/京都府)が、
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演します。

2月3日(火曜) 総合 22:00~22:45
(再放送 2月10日 総合 午前1:00~1:45)
森に生きる、山に教わる
~森林再生・湯浅 勲~


35歳の時に地元の日吉町森林組合に転職し、
「一人ひとりの職員がイキイキ」をモットーに
職場改善を進めながら、
職員みんなで「日吉の森復活作戦」を展開した
湯浅さんが番組ではどのような切り口で取り上げられるのか!

「心のどん底が納得しているかどうか、そこが大事」

この相田みつをさんの言葉が
座右の銘だという湯浅さんの仕事の流儀、
また意外な一面を
番組で垣間見ることができるのでは、
と楽しみにしています。

お見逃しのないように!

また、これを機会に、
著者の既刊本2冊もぜひお読みいただければと思います。


(本永)
コメント
番組見ました
林業に関わる部分もさることながら、一番印象深かったのは、自分の心の奥底が本当に納得しないことはやらない、といった湯浅さんの言葉です。

なぜか、職場での毎日を考えるとき、この言葉が心に残りました。
自分自身にとってもそうですが、それは相手にとっても同じ事。
「こんな風に仕事を進めてほしい」と思って、それを口にしても、スタッフが心の中で「そうだ」となっとく出来なければ、「よしやろう」という気持ちにならないだろう。
気持ちが納得しないままでは、本当に良い仕事にはならないのじゃないか。
では、スタッフをその気にさせるためには、自分には何が必要なんだろうか。
そんなことを、しょっちゅう考えています。


なお、みなさんも番組コメント、ぜひ書いてみて下さい。
2009/02/04(水) 21:22 | URL | 白石 #-[ 編集]
テレビ見ました
 プロフェッショナル見ました。このように林業をクローズアップさせた、湯浅さんの業績に敬意を払います。ただ、番組では作業道の開設ばかりが強調されていた気がします。湯浅さんの功績を示すのであれば、提案型施業、そして見積書の作成等の方がインパクトがあったように思うのですが・・・
2009/02/08(日) 18:24 | URL | 狼男 #-[ 編集]
番組見ました
プロフェッショナルみました。
すごく深い話を聞けました。

わたくし達大人が見てみぬふりではなく、
そこにある問題をしっかりと解決していかなくては
その先が危ない事に。
今ある環境問題の意識と、現状を変えていかなくては。
と切実に思いまいた。

いい番組が観れました。
ありがとうございました。

2009/02/13(金) 19:20 | URL | リンゴ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

編集部@全林協

Author:編集部@全林協
ご訪問、ありがとうございます★
編集部@全林協がホットなニュースをお届けする、このブログ。
どうぞごゆるりとご覧くださいませ。

ブログ投稿は、編集部全員で行っております。

コメント、出版している本についての感想や、リクエスト大歓迎です。
皆様からの書き込み、お待ちしています(^^

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。