みなさまと全林協をつなげる、コミュニケーションブログ★ 全林協編集部・解体新書

「利用の時代」を築くために

みなさん、こんにちは。白石です。

先日、梶山恵司さんと相川高信さんからお話しをうかがう機会がありました。
お二人ともシンクタンクの研究員で、かつ提案型集約化施業に向けた森林組合職員プランナー研修などで林業現場を飛び回っておられる中でした。
伺ったお話のおおよそは、次のとおりです。

世界を見回すと、先進国では人工林の林業が非常に元気であり、成長路線を進んでいる。
つまり、林業は地域を支える産業としてきちんと成り立っており、それが国レベルで実現していると。
また、先進国(かつ人工林)でこそ、林業は成長産業として成り立っており、ますますその成果を謳歌していると。

これは、理論でも何でもなく、現実の実例が証明している事柄ですから、これほど確かなことはありません。
私たちが林業を考えるとき、おおいに勇気づけられる実例ではないでしょうか。

ただ、日本はこれからです。
第一、収穫できる材にまで育っていなかったから(国レベルで見ての話。地域レベルで見れば、もちろん伝統林業地など、すでに産業として地域に貢献している例はもちろんあります)。

これからどうするかを考えるキーワードは、「育てる時代」から「利用の時代」へ移行するんだという意識改革と考えています。

つまり、「育てる林業」スタイルから収穫し、利用する林業へと転換を図っていくことです。

先進国型林業のスタイルでは、「収穫する林業」(間伐など収穫)が基本。そのしくみには、共通の条件があるそうです。

例えば。
林業経営の基本データである、人工林資源データがあり、蓄積・成長量・伐採可能量などのデータを、誰もが簡単に入手できること。

収穫しながら管理していく長期の施業基準ができていること。
目先だけではない、長期の管理指針ができていること。

伐採規定を含む、施業の基準(生態系を損なわない技術ルール)があること。

いわゆるフォレスター、森林管理・マネジメントの専門家がいること。

自分で伐採しない、ごく一般的なサラリーマン林家などに変わって経営を代行するしくみがあること。

いかがでしょう。

「育てる林業」では有効であった技術、機械類も、「収穫する林業」では役立たなくなることすらあります。マネジメントも同様です。

だから、思い切った切り替えが必要であると。
「育てる林業」の延長上には、「利用する林業」はない、ということだと思います。

だから、利用の時代を築いた実践例(例えば、海外の先進国型林業)のエッセンスを私たちは学びたいと思います。

フィンランドやドイツでは、中小林家であれ、4-5年に1回はそれなりの収入を得ることができるそうです(単に施業をするのではなく、収入となるのです!)。
それが林業の基本形であると。

それなら、所有者も心が動くというものでしょう。

傾斜が急傾斜、所有が分散・小規模だからダメだ。いままで言われていた理由は、本当の理由ではない(だから悲観する必要は全くない)と思います。

わが日本が、「利用の時代」を築いていくためには、何が必要か。
月刊「現代林業」2009年1月号特集やさまざまな連載企画を通じて、それを読者にお伝えしたいと思っています。

ご期待下さい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

編集部@全林協

Author:編集部@全林協
ご訪問、ありがとうございます★
編集部@全林協がホットなニュースをお届けする、このブログ。
どうぞごゆるりとご覧くださいませ。

ブログ投稿は、編集部全員で行っております。

コメント、出版している本についての感想や、リクエスト大歓迎です。
皆様からの書き込み、お待ちしています(^^

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード