みなさまと全林協をつなげる、コミュニケーションブログ★ 全林協編集部・解体新書

新刊発行直後の巻

こんにちは、メインレポーターGです。

今日は、全林協編集部にお邪魔して、新刊発行を無事終えて
ほっとしている最中?の編集部本永さんを訪ねてみました

最近出た本。そう、
森と暮らすNo.1 山林の資産管理術
森と暮らすNo.2 ノウハウ図解 山仕事の道具
です

本を作るとき。
特にこの本では、編集部でとりまとめるものの他に、
執筆者をどなたにしていただくか、それが一番の悩みどころになったそうです


No1の帯には、
「人生2倍楽しもう!第二の人生を森で過ごしたい人必携の入門書です。山の資産価値発見、運用方法をやさしく紹介」とありますよ

富山県の林業普及指導員の方がナビゲート役として、親しみやすい文体で、各章で解説を始めてくれています。


No2では、特に「道具の楽しみ」という本の始まりの章で、
執筆者探しに苦労されたとか・・・
なんとネットで、高澤弘明さんに出会い、執筆をお願いしたとのこと
刃物や道具に関するページは当初数ページの予定だったとか。

でも高澤さんによって、出来上がった本をご覧になると分かるのですが・・・
高澤さん担当の分だけでも、5ミリ位の厚さになりました
内容も、深みが増して、道具への深い愛着が伺われます。



また、本を出すと、反響も気になるものです
先日は、取材の際にお世話になった方から、
本永さんにお電話があったとか

~~

「親父は93歳。美しい山づくりをしたいと、
他に先んじて枝打ちをはじめた。
いまは山には行っていないし、
山のこともほとんど話さなくなったんだけど、
5月の連休の時に孫が手ノコを持ってきたら、
親父がもくもくと手入れした。
ものすごくきれいに、左右のアサリを出して仕上げた。
ほんとびっくりしたね。
体で覚えたことは忘れないんだね。
林業のことは、すべて体で覚えている・・」

~~

「その親父には、『仕事は段取り8分で、道具が仕事をする』と
よく言われた。
人間の力なんか、ごくわずか。
昔は刃物の手入れには、
どれだけ時間をかけても、文句を言われることは無かった」

このお電話で、30分くらい、とても熱いお話をうかがいました

こういった貴重なお話は、次回の取材へのヒントにもなり、とてもうれしいものです
メモを取って、編集部内に内容を回覧することもあるんです


・・・・・・
いつもは、インタビューする側の本永さんですが、
逆にインタビューされて今日は、ちょっととまどい気味・・・
「作業しているところの写真、後ろ姿で結構ですので撮らせて下さい!」との言葉に、
背中からも、緊張感が漂っていました・・・お疲れ様でした・・

DSC00618.jpg

(地下作業部屋にて・・・)

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スタッフ紹介 本永

★名前:本永 ★性別:男性 ★全林協歴:23年 ★現在及び今まで担当してきた出版物 『林業新知識』(数年前まで) いまは単行本の担...
プロフィール

編集部@全林協

Author:編集部@全林協
ご訪問、ありがとうございます★
編集部@全林協がホットなニュースをお届けする、このブログ。
どうぞごゆるりとご覧くださいませ。

ブログ投稿は、編集部全員で行っております。

コメント、出版している本についての感想や、リクエスト大歓迎です。
皆様からの書き込み、お待ちしています(^^

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード