みなさまと全林協をつなげる、コミュニケーションブログ★ 全林協編集部・解体新書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営の実践からのみ得られる珠玉の言葉 大橋慶三郎 林業人生を語る

林業とは、長い時間を蓄積し、成果を積み上げていくものだとすれば。

経営の実践の中にこそ、本物の智慧、情報があるのではないでしょうか。
経営の実績が無い人より、長年の成果をあげた人の言葉にこそ、耳を傾けるべき真実があるのでしょう。

大橋慶三郎氏は、戦後間もない頃からすでに60年以上にわたる林業経営を実践された方です。
しかも、とぎれさせること無く、経営を継続させて来られた実践者です。

その中で、さまざまな技術的工夫、経営ノウハウが磨かれ、それらは大橋氏の経営の中で、実践され、威力を発揮してきました。


言葉だけでは何とでも言えます。
机上で林業を立派に語ることは、誰でも出来ます。

けれど、60年経営を実践し、成功をおさめた方は、どれだけいるでしょうか。

それだけに、氏の言葉ほど、説得力のある例は、どれだけあるでしょうか。

考えてみれば、大橋氏に代表される、(60年のような)長年の実績をもつ、実践の言葉は、意外にみなさんの耳に届いてはいないんじゃないでしょうか。

林業とは、時代を超えて実践されてこそ、意味があるのでしょう。

50年前につくった作業道がいまも壊れることなく、立派に役に立っている姿。
そこに学ぶべきものがあるのではないでしょうか。


数々の林業経営の失敗例と成功とを分けるものは、何か。
これを知っておかなければ、経営破綻を招きかねない誤解とは何か。
それらを、ぜひ本書から見出して頂ければと思います。

「林業の中に生活があるのではなく、生活の一部に林業がある」
「林業は金借りてまでやるもんやない」
「時を考えなかったら、林業は成立しない」


タナ地形の発見、作業道づくり、適正規模、時間軸、借金林業の怖さ、現場を見る眼をどう養うか、後継者に伝える言葉など。

わが山を知り、自然に逆らわず、調和を尊び、決して無理をしない、見得も張らない。身の程にあわせたやり方を貫き通すことの大事さ、林業実践を語った、真実の本です。(白石)

大橋慶三郎 林業人生を語る
oohashi jinsei hon
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

編集部@全林協

Author:編集部@全林協
ご訪問、ありがとうございます★
編集部@全林協がホットなニュースをお届けする、このブログ。
どうぞごゆるりとご覧くださいませ。

ブログ投稿は、編集部全員で行っております。

コメント、出版している本についての感想や、リクエスト大歓迎です。
皆様からの書き込み、お待ちしています(^^

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。