みなさまと全林協をつなげる、コミュニケーションブログ★ 全林協編集部・解体新書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会の真ん中で秋を探す

こんにちは、メインレポーターGです。

さて、今日は全林協のある、東京、港区赤坂で・・・・
秋を探してみることにしました

って言っても・・・周りは先日紹介したように。。。
DSC00762.jpg
ビル、またビルですよ~

そんな都会で・・・・秋は探せるのかっ

お昼休みのまっただ中、ランチで外出中の会社員・OLさんが
たくさん行き交うなか、怪しげに?色々な秋を探してみました

まずはこちら・・・デイゴ!
春から、初夏に咲くという花が・・・まだ咲いている・・・・(画面中央)
DSC02138.jpg
う~ん、さすがに都会、ヒートアイランド現象で、熱帯になりつつあるんでしょうか。
秋にはほど遠い・・・

そしてこちら・・・
DSC02137.jpg
青々としたトウカエデですが、何か。
まだ夏を彷彿させますね・・・・

秋は・・・あるんだろうか・・不安になってきました。
それでもめげずに探していると・・・

おっこれはハナミズキ。
DSC02143.jpg
この辺では一番の秋ですね~
赤く染まりはじめた葉、そして実をつけていますよ

もっと探してみましょう。
DSC02136.jpg
これは、黄葉する、イヌシデ?クマシデ?
枝のさきがほんのりと。

DSC02139.jpg
これはシダレザクラですが、こちらもよく見てみると、葉が黄色くなってきている。
最近は紅葉せずに枯れてしまう木も多いみたいだけど、そうなってしまうのかな。

DSC02140.jpg
同じくサルスベリもすこしだけですが、黄色くなってます
結構探訪してみると、色々あった。

DSC02144.jpg
お、これはツリバナ。
実のなるのは9月~11月なのでこちらも、「秋」
DSC02146.jpg
鳥が食べにきてくれるのを、ビルの真ん前で待ってます

DSC02145.jpg
これはユリノキかな・・・街路樹です。
こちらも葉っぱを落とすべく、秋に向かっている感じでした。

今回取り上げたのは、落葉樹ですが、このほかにも常緑樹も
結構ありましたよ
皆さんももしよければ、都会で観察いかがですか?(なんて・・・)

秋、ほんのりですが、都会でも感じられた10月(初旬)のひとときでした。

(現在はもう少し進んでいます)
スポンサーサイト

隠れた名資料館・・活用してね、こんな資料室!

こんにちは、メインレポーターGです。

さて、今日は隠れた?名資料館についてお知らせします
といっても一般に公開されていて、誰でも入室なんですよ。

そこは、全林協も入っているビル、三会堂ビルの地下にあります。
ちょっと訪ねてみましょうか

ドア、閉まっていてちょっと入りづらい雰囲気・・・・
DSC01647.jpg

でもよく見ると・・
DSC01648.jpg
ウェルカムボード?といったところでしょうか
さっそく入ってみましたよ

中には、スタッフの男性が1人常駐していて、
ここの図書の管理をされています

全林協のスタッフです、と申し出ると、とっても気さくに挨拶してくださり
そして、図書案内をしてくださいました
ここで所蔵されている書物は、全て寄贈されたものだそうです

「この辺は、林産関係で・・それからここへ来て、森林に関わるちょっと柔らかい書物が来て・・・」
など、丁寧にご案内していただきましたm(_ _)m

ところ狭しと、過去の書物が並んでいる中、
「この辺は鎌倉時代からの書物なんかもあるんだよね」って・・・さらりと。
鎌倉時代??博物館にあってもおかしくないっ
「県」の時代ではなく、「藩」の時代の書物だ
DSC01650.jpg

早速恐る恐る・・・・
DSC01654.jpg
取り出してみたっうわ~これっって、林班図???

きれいな細い筆書きで、残って居るではありませんか
どうやらこれは江戸時代くらいのものみたいでした。

よく見てみると・・・昔もけっこう・・・
DSC01653.jpg
こ、細かっ
色々な方の所有している山がパッチワーク状なんですね
でも全部、林分を調査して、広さも書いてある。
「雑木林」「松林」・・・・

そしてこれっ!!
DSC01649.jpg
巻紙ですよ~~~
良いんでしょうか、素手で触って・・・
(広げちゃっていますが・・)
既に、達筆が解読できないので、なんて書いてあるか分からないけど、
最後には、署名や印があったので、公文書の大切なものっぽい
しかるべき人が読んだら、すごい資料なんだろうなぁ・・・
ものすごい、発掘した気分

その他にも、昭和の時代の報告書などもあり、その時代は当然
DSC01657.jpg
手書きですよ~
原稿用紙での報告書です
今ではワープロソフトで打ち込んでメールで入稿の時代ですが、
この時代は。。。今では一体どうやって文書を発行していたのか
想像もつきません

そして我が現代林業もこちらに。
DSC01656.jpg
ちゃんと保管されていますよ

寄贈の図書室なので、今でも続々と全国から図書が寄せられていています。

このような貴重な文書が保管されていたんですね、かなり身近に・・・
よく見ると利用記録には大学生さんの名前もあったりして、びっくり
今度から利用しない手はないと思う、全林協高橋とメインレポーターGなのでした

・・・・
以下図書室の概要です(^^
社団法人 大日本山林会(リンクします)
林業文献センター
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビルB1
03-3585-0908(直通)
開館時間 月曜日~金曜日 10時~16時 (お昼休み有り。注意!)
休館日 土曜日・日曜日・国民の祝日・年末年始および臨時休館
続きを読む

いにしえの・・林業新知識バックナンバー紹介!

こんばんは、メインレポーターGです。

今日は、皆様に最新号をお届けしている、月刊誌
その産声のときについての、いにしえレポートをしたいと思います

全林協事務所に入っていって、奥の奥。
戸棚の中を見てみると・・・・
DSC01310.jpg
ひっそりと、立てかけてありましたよ
そっと取り出してみましょうか

DSC01306.jpg
ん?普及通信
白石さんに聞いたところ、「それは林業新知識の前身」とのこと。
当時は、林野庁の研究普及課が発行していたのですね

昭和25年からになっていますよ。
戦後、間もない頃ですね
拡大造林が始まろうとしているときでしょうか

開いてみると・・・
DSC01305.jpg
巻頭言、ドナルドソン氏?アメリカの方ですよ
って、本当に戦後間もないんですね・・・

そして、林業新知識の名前になってからの記念すべき第1号
昭和28年に発刊です。
表紙はこんな感じ
写真で構成されていたんですね。結構シンプル。
DSC01307.jpg

中身を覗いていくと・・・・「林業相談」・・・
これって、今もありますよね
「お悩み相談室」コーナー。老舗です
DSC01308.jpg
この時代はユーカリに注目が集まっていたようですね

進んでいくと、こんなページも。
見出しの文字、今となっては新鮮ですね
手書き風で良い味だしてます。
DSC01309.jpg
こんな感じで始まった林業新知識なのですね・・・
歴史を感じました
また折を見て、古いバックナンバーの特集なども紹介しますね

今度は、現代林業の産声のときも、取り上げたいと思います
DSC01311.jpg
昭和36年からず~っと保存されていますよ

ではでは、また

全林協の最近の周辺

こんにちは、メインレポーターGです。

洞爺湖サミットが開催されていますね

人の多く集まる駅などは、警官が立っていて、
警備が増していることを感じさせますね。

そして、全林協周辺でも・・・・こんな感じですよ。
交差点では・・・
DSC00795.jpg

DSC00794.jpg

曲がり角にも、1人ずつ配置・・・
keikan.jpg

検問もやっていますよ。
keikan2.jpg

全林協の入っているビルの前にも3人・・・
DSC00791.jpg

どうして、こんなに警官がたくさん???

というのも、全林協のお隣さんは・・・・実は、
DSC00762.jpg

ん?何の高層ビル?って・・・・

kanban.jpg

だったんですよね。

っていうわけで、かなりの厳戒態勢
かなり安全な中で、お仕事させていただいておりますっ!

ちなみに・・・
厳戒態勢の中、警官達をカメラに納めている
メインレポーターG自身が、怪しげで、職務質問受けそうでした
ブログ記事取材のためです、撮っちゃいましたよ~

秘密?の地下作業部屋・・・

こんにちは、メインレポーターGです。

まずはこちらの写真から。ここは、とあるビルの地下です。
DSC00620.jpg

天井から乱雑に垂れ下がる、ガムテープで固定された、不審なコード・・・

電波傍受?電源確保??不法侵入?

そして足元には・・
DSC00619.jpg

乱暴・無造作にまとめられた、コード、ケーブル・・・・・

どうやら、人は居るらしいが、ますます怪しくなってきました

一体どこなんですかここは・・・

・・・・

DSC00616.jpg

・・・って、フツーに打ち合わせしてるじゃないですか

あれ、全林協スタッフですよね

DSC00617.jpg

仮の打ち合わせスペース(手前テーブル)なぞも、備えられていたりして。

ここ、実は、仮の編集部スペースなんです
どこかの地下秘密基地、アジトのようですが・・・

事情があって、2階の事務所から、一部(3名)引っ越ししているのです。
(決して島流し、村八分ではございません)

・・・しかもここ、結構カイテキだそうでございます


一部惜しまれる声もありますが?実は、6月いっぱいでこのアジトもクローズだそうです


秘密地下作業場をご覧になりたい方は、どうぞお早めに
プロフィール

編集部@全林協

Author:編集部@全林協
ご訪問、ありがとうございます★
編集部@全林協がホットなニュースをお届けする、このブログ。
どうぞごゆるりとご覧くださいませ。

ブログ投稿は、編集部全員で行っております。

コメント、出版している本についての感想や、リクエスト大歓迎です。
皆様からの書き込み、お待ちしています(^^

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。